アフターピルを飲み忘れてしまった場合は?

この記事の投稿者: 金山尚裕

アフターピルを飲み忘れた女性

いくつか種類のあるピルの中でも、避妊に失敗してしまったときに役立ってくれるアフターピル。
女性にとっては、望まない妊娠を自分自身で避けるための、最後の砦といっても過言ではないでしょう。
しかしながら、アフターピルにも2種類あります。

一つがヤッペ法と呼ばれる中用量ピルを2回に分けて服用する方法。
そしても、もう一つがノルレボです。
ノルレボはアイピルを代表するアフターピルを1錠服用することで、緊急避妊ができるという種類になります。

基本的に、ノルレボは避妊に失敗してから服用までの期間が早ければ早いほど高い確率で避妊に成功します。
ヤッペ法も、ノルレボに比べると避妊成功率は下がります。
更に、2回に分けてピルを服用する必要がある為、2回目の服用を忘れてしまうことも珍しくありません。

2回目の服用を忘れてしまったときには!?

二回目を飲み忘れてしまった場合には、飲み忘れに気づいた時点で早く服用することが重要です。
但し、時間が空いているため避妊効果については適切に2回目を服用した場合に比べて低くなってしまいます。
飲み忘れた2錠目を服用した後は、様子を見て避妊の成否を待つしかありません。
その間、病院に相談することも可能ですが、避妊の為に何かができるわけではありません。
不安な思いを抱くしかなくなってしまうので、より確実に避妊ができるノルレボが今では一般的になっているのです。

ヤッペ法は、ノルレボに比べ安価で緊急避妊を行えますが、2回の服用が必要になるため上記のような飲み忘れに繋がる可能性があります。
アフターピルは避妊の為の最後の砦であるため、より確実にミスが無い避妊を行うためにもアイピルなどのノルレボをオススメします。

簡単で高い効果があるけど…価格が高い

72時間以内の服用で非常に高い避妊効果を発揮するノルレボのアフターピルは、病院で処方してもらうと1錠で1万円前後の費用が必要になりますし、診察費用なども必要になり
費用的な負担は非常に大きくなります。
個人輸入代行サービスでは、アフターピルもクリニックで処方してもらうときの1/10程度の価格で手に入れることができ
診察の必要もありません。スマホなどでも簡単に購入できるので是非活用しましょう。

アイピルのパッケージ

ピルを飲み忘れた時のお守り、アフターピル

アイピルを購入する

関連リンク

⇒低用量ピルの飲み忘れとその対応早見表