ピルに期待できる避妊以外の効果

ヤスミン

低用量ピルというのは、女性ホルモンが配合されているお薬です。低用量ということで配合されている女性ホルモンは少量です。そのため、体に負担をかけることもありませんし、体に与える変化も自然です。

また、低用量ピルは配合されている女性ホルモンの量は少量でも、様々な効果が期待できます。そのため、今後の健康や美容を考慮して上手に活用しましょう。

低用量ピルの効果

避妊

低用量ピルの主な効果は「避妊」です。
毎日少量の女性ホルモンを体内に与えることで、体内のホルモンバランスを保つ効果があります。

低用量ピルを服用している間は体内が妊娠中と同じ環境になります。そのため、性行為をして膣内射精しても妊娠することはありません。

用法用量を守って服用していれば、確実に妊娠を予防できる避妊方法です。

生理周期が正しくなる

女性の多くはストレス、乱れた生活習慣、栄養バランスの取れていない食事などによって生理周期が乱れています。

他にも体内のホルモンバランスが乱れることでも生理周期が乱れます。
しかし、低用量ピルを服用することで、毎月決まったタイミングで生理が来るようになります。そうすれば、スケジュールも管理しやすくなります。

生理痛軽減

毎月生理が来るときに辛い腹痛が襲う…という方も多いと思います。痛みには個人差はありますが、家事や仕事に支障が出てしまうという方も居ます。

こうした強い痛みを感じている場合、低用量ピルを服用すれば生理痛が軽減されたり、出血量の減少、不快感解消などの効果が得られます

肌荒れ改善

肌荒れの原因はいくつか考えられますが、大人の肌荒れというのは女性ホルモンが大きく関係しています。女性ホルモンのバランスが崩れると、ニキビや肌荒れなどの症状が起こります。

ピルの種類によっては肌荒れしやすいものもありますが、基本的には女性ホルモンを増やして男性ホルモンを抑制しますので、肌荒れを改善して美肌に導きます

効果はいつからいつまで?

低用量ピルを初めて服用する方からすれば、いつから効果を感じ、どのくらいまで効果が持続するのか?ということが気になるでしょう。

低用量ピルは服用した初日から避妊効果が得られます。
飲み始めるタイミングは、避妊目的で低用量ピルを服用する場合は生理日の初日です。
1日でも遅れてしまった場合には、服用開始から2週間後に避妊効果が得られるようになります。

低用量ピルは服用を続けている間は避妊効果が持続します。
避妊の必要がなくなったという場合には、ピルの服用を中止するだけでOKです。

また、低用量ピルというのは28日間服用を続け、7日間は休薬期間を設けます。この期間はピルを服用していなから避妊効果が得られないのでは?と思うかもしれませんが、飲み忘れをせずに服用できていれば休薬期間でも避妊効果は持続します。

効果が出るまではどうすればいいの?

ピルの効果は服用した初日から得られますが、服用してすぐに避妊効果が現れるというわけではありません。そのため、確実な効果が得られるまでは避妊をして性行為をするようにしましょう

また、コンドームなどの避妊具はピルの服用有無に関わらずいつでも使用して問題ありませんので、心配な場合は他の避妊具を使用するようにしましょう。

副作用の少ないオススメの低用量ピル

偽薬付28錠 × 1箱 ¥2,700
偽薬付28錠 × 3箱  ¥7,290
偽薬付28錠 × 6箱 ¥12,960

ヤーズは超低用量ピルとも呼ばれ従来のピルと比べて副作用が小さいという特徴があります。

アフターピルの効果

アフターピルは、低用量ピルと比べて配合されている女性ホルモンの量が多いので、作用が強いです。よって、常用するようなことは避ける必要があります。

ただし、しっかりとアフターピルについて学んでおけば、賢く付き合っていくことができます。
アフターピルにはどのような効果があるのか見てきましょう。

避妊

アフターピルというのは、避妊に失敗してしまったという場合でも緊急避妊ができるお薬です。性行為をした後72時間以内に服用しなければならないと言われていますが、時間を守って服用すれば、高い避妊効果が得られます。

パートナーが避妊をしてくれなかった、避妊をしたけど失敗してしまった、性犯罪に巻き込まれたという場合に助かるお薬です。よって、多くの女性は避妊をしながらも緊急用のお守りとして携帯していることが多いです。

生理の周期をずらす

旅行や大切なイベントがあるときに生理になってしまえば、気分は下がってしまいます。しかし、こうした場合でもアイピルを活用すれば、毎月決まった時期に生理が来ていてもずらすことができます。

1回服用するだけで生理のタイミングをずらせますので、とても便利です。服用するタイミングを調節すれば、早めることも遅らせることもできます。また、一度タイミングをずらしたとしても、生理はいつも通りのタイミングに戻ります。

効果を十分に得るために

アフターピルは高い避妊効果があるお薬ですが、中にはアフターピルを服用したにも関わらず妊娠してしまう場合があります。望まぬ妊娠を避けるためにも失敗例を把握しておきましょう。
避妊に失敗した理由には下記のようなことが挙げられます。

2回目の飲み忘れ

ヤッペ法のアフターピルは1錠を2回服用する必要があります。1錠目で妊娠しないような環境が整えられたにも関わらず、2錠目の服用を忘れると元通りの環境に戻って妊娠しやすくなります。

服用後2時間以内に嘔吐

アフターピルの副作用には「吐き気」があります。しかし、服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合には、有効成分が体に行き渡っていない状態となります。そのため、十分な避妊効果は得られません。よって、再度避妊効果を得るためにはもう一度服用する必要があります。

服用するタイミングが遅かった

アフターピルは服用するタイミングが遅くなるほど避妊効果が低くなります。72時間を過ぎてからでもある程度の避妊効果は得られますが、妊娠しやすくなります。

服用後の性行為

アフターピルを服用してから消退出血があるまでは性行為は控える必要があります。出血があるまでに性行為をした場合、続けてアフターピルを服用することはできませんので、妊娠の可能性が高まります

確実にアフターピルで緊急避妊をするためには、失敗しないように上記項目に気を付けましょう。
正しく服用すれば、100%に近い確率で避妊成功します。今まで服用したことがないという方でも、病院へ行けば診察時に医師から用法用量の説明を受けることができます。

また、自分で通販を利用して購入するという場合には、医師から直接説明を受けることはできません。しかし、自分でしっかりと用法用量や併用禁忌薬などを調べた上で服用するようにしましょう。そうすれば、誰でも安心してアフターピルで避妊ができます。

オススメのアフターピル

1錠¥1,350
3錠¥3,400
6錠¥6,000

アイピルは避妊失敗後に一度飲むだけで避妊効果を発揮してくれるのでオススメです。とにかく早く飲むようにしましょう