正しい飲み方をして、確実に避妊をしていこう

28錠タイプ矢印

低用量ピルを初めて服用するというような場合には

どのように服用すればいいのか分からないということがあるでしょう。

服用方法自体は特に難しいことはありません。

1日1錠服用する

これだけのことです。

しかし、低用量ピルには、1相性から3相性まであり
それぞれによって、服用するピルが違っていたりもします。
その上、21錠タイプと28錠タイプにも分かれているので
1相性の21錠タイプと1相性の28錠タイプ
3相性の21錠タイプと3相性の28錠タイプ
というように、細かく分類すると非常に種類が多くなるため混乱してしまいがち。

ここでは、そうしたピルの服用方法について詳しく紹介していきます。

低用量ピルは商品ごとに、シートの形状が違っていたりします。
また、同じ低用量ピルでも、21錠と28錠でシートの形状なども違うので
飲み方には気を付ける必要があります。
低用量ピルの場合、飲み方を間違えてしまうと十分な避妊効果を得ることができず
妊娠してしまう可能性があるので、適切な知識を身につけた上で利用するようにしましょう。

低用量ピルの服用順とは?

低用量ピルは、その種類によって飲む順番が決められている場合があるので
順番を間違えないようにい服用するための情報を紹介していきます。

21錠タイプの場合

21錠タイプシート矢印
21錠タイプの低用量ピルは、基本的にどこからどういった順番で服用しても
問題はありません。
しかし、飲み忘れ等を防ぐために、ピルのシートへ矢印が記載されていることがあります。
そうした場合には、シートの矢印に沿って服用を進めるようにすると
飲み忘れなどを防ぐのに繋がります。

28錠タイプの場合

28錠タイプ矢印
このように、低用量ピルのシートには基本的に、飲む順序に沿って矢印が記載されています。
また、わかりやすく色が返られていたり「start」といったような文言で一目見ただけで
最初に飲むべき錠剤が判り易くなっています。
最初に飲むべき錠剤が分かれば、翌日からは矢印の順序に沿って服用を進めましょう。

シートの表に矢印の記載がない場合

また、錠剤が見える側に矢印が記載されている場合もあれば、裏面にスタートの位置や順序などが記載されている場合もあります。

28錠タイプ矢印なし両面
こちらの低用量ピルの場合、表面だけではどこからスタートすべきか分かりませんが
裏面には1~28まで番号が振られており、飲む順序についても矢印が記載されています。


28錠タイプ矢印なし
表に裏の画像を無理やり乗せるとこんな感じになります。
このような順序で飲み進めるわけです。

シートの表に矢印の記載がない場合:色分け編

28錠タイプ 色分け
3相性のピルの中には錠剤ごとに色分けされていて
飲み間違いにも気が付きやすくなっています。
こちらは、色によって配合されている成分量が違いますし裏面には
服用の順序も記載されています。
左上の青丸で囲った錠剤からスタートして、飲み進めていき
列の端へ到達したら、次の列の左端から。

ただし、最後の偽薬列に関しては、右端から左端に向かって服用を進めます。

色分け裏面
裏面にも、きちんと矢印があり、飲む順序について記載されています。

基本的に、シートを持って服用のタイミングで飲む順序やその日に飲むピルがどれなのかを
毎日確認して服用することで、飲み忘れや飲み間違いを防ぎ確実な避妊を実現できます。

気を付けるべきポイント:相性編

ピルについて理解した女性ピルにおける相性というのは、治療薬に配合している成分が何段階に分割されているかということ。
1相性であれば21錠全ての錠剤に含まれている成分量は同じ。
3相性であれば21錠の錠剤に含まれている成分量は3段階に分かれています。

成分量が段階ごとに分かれる事で、少ない成分量から
徐々にホルモンバランスを整えていけるので
急なホルモンバランスの変化を起こさないようにして
副作用のリスクを下げられます。
その分、3相性では21錠の錠剤それぞれに飲む順番が決められているので
決められた順番を守って服用する必要があるので
服用する際に煩わしかったりします。

1相性は、ホルモンバランスの変化は3相性に比べ急にはなりますが
全ての錠剤に配合されている成分量が一緒のため
21錠の錠剤をどういった順番で服用しても問題ありません。

気を付けるべきポイント:錠剤数編

こちらを見ている女性低用量ピルには21錠タイプと28錠タイプがあります。
両者の違いは、偽薬の有無です。
この偽薬はプラセボなどとも呼ばれることがあります。

偽薬があるのが28錠タイプ
偽薬がないのが21錠タイプ

偽薬は、その名の通り偽の薬で治療薬としての効果は何もない物になります。
偽薬が持つ一番の役割は飲み忘れの防止になります。
偽薬なので、飲まなくても全く問題はありません。

毎日決まった時間にピルを服用するという習慣を身につける事で
飲み忘れを防止する効果が期待できるようになっています。

休薬期間が4~7日間と比較的ある為、偽薬無しでは休薬期間明けに
服用を忘れてしまうケースは珍しくありません。
飲み忘れをしてしまう人が多いからこそ、偽薬を用いて習慣づけられるように配慮されています。