緊急避妊薬アフターピルを購入する前に知ろう

低用量ピルにはたくさんの種類がありますが、アフターピルの種類はソコまで多くありません。
ですが、様々な製薬会社から製造、販売されているものになるので、価格や副作用の有無など
選ぶべきポイントは沢山あるので、いざというときに備えるためにも知識として知っておくことが大切です。

アフターピルの種類は?

アフターピルも細かく分類すると2種類に分類されます。
ヤッペ法と呼ばれる方法と、ノルレボです。
ヤッペ法とは、中用量のピルを2度に分けて服用することで避妊する方法。
そして、もう一方のノルレボについては1錠のアフターピルを避妊失敗後に服用することで、避妊する方法になります。

ヤッペ法は、体への負担については、ノルレボに比べて高くありません。
しかし、2度の服用が必要になったり、2度服用した場合でも妊娠してしまう可能性がノルレボに比べて
高いため、手間がかかる上に、避妊の成功率は高くない方法となってしまっています。

ですが、ヤッペ法にもメリットがあります。それが安く避妊ができるということ。
低用量ピルを用いる場合と比べると高くはなりますが、ノルレボに比べると半額以下で避妊が可能です。
ノルレボは高いけど、避妊の可能性が高いので確実な避妊を目指す場合には、迷わずノルレボを選ぶことが大切です。

基本的にアフターピルは避妊に失敗してから服用までに時間的な制限があります。
避妊失敗からアフターピルの服用までが早ければ早いほど避妊の効果は上がるので、
アフターピルは常に使えるような状態にしておいて、万が一の時に使うというようにしておきましょう。

アイピル

アフターピルの中でも、今最も使われているといっても過言ではないのがこちらの「アイピル」です。
アイピルはノルレボなので、避妊に失敗した後に1錠服用することで、避妊ができます。
但し、そのためには避妊に失敗してから12時間以内の服用が必要になります。
条件は有りますが、非常に高い避妊効果と手ごろな価格から現在では非常に多くの方に利用されている
アフターピルの一つとなっています。

アンウォンテッド72

「アンウォンテッド72」は、アイピルと同様1錠で緊急避妊を行える、アフターピルです。
こちらのアンウォンテッド72はアイピルと変わらない効果を持っていますが
アイピルよりも安価で手に入れる事が可能です。

広く使われていて安心して使えるアイピルに対して、あまり有名ではないけど安く購入できる
アンウォンテッド72といったところでしょうか。
また、名前に72とあるので72時間以内に服用しなければいけないというタイムリミットについても
忘れずに覚えておけるといったメリットもあります。
とはいえ、72時間ぎりぎりで服用すると妊娠する可能性が避妊に失敗してすぐに服用する場合に比べ
高くなるので、早く服用するということは忘れないようにしておく必要があります。

マドンナ

アフターピル「マドンナ」の特徴は1錠ではなく2錠で避妊を行うタイプということです。
価格的な部分での違いはほとんどありません。
2錠で緊急避妊を行うタイプになるので、服用が1錠のタイプに比べて面倒になるケースがあります。
しかし、2錠を服用するので副作用については1錠タイプに比べて弱くなるので
アイピルを使った経験があるけど、副作用が強すぎて大変だったという場合には
マドンナは適したアフターピルと言えるでしょう。

アフターピルのまとめ

アフターピルを服用することで、避妊に失敗しても緊急避妊を行う事が出来るようになっていますが
あくまでもアフターピルは緊急の避妊用薬と考えておくことが大切です。
当然、緊急で強制的に避妊を行うので身体への負担もその分だけ大きくなります。
ですから、普段は低用量ピルを使ったり、コンドームを使って避妊を心がけるようにしましょう。

また、事件などに巻き込まれて妊娠してしまうというケースもゼロではないので
常に1錠は緊急避妊用に持っておくことが大切です。

通販で購入するときの豆知識

アフターピルは1錠持っておけば安心できる緊急避妊薬。
ですが、購入の際は2~3錠をまとめて購入するようにしておくのがポイントです。

個人輸入代行を利用する場合、まとめて購入する方が安く購入できるというのも理由の一つです。
しかし、一番の理由としてアフターピルの副作用が強すぎて服用したのに吐いてしまう事があるため。
当然、服用したのに吐いてしまっては、アフターピルとしての効果を充分に得ることができなくなってしまいます。
そうなっては、せっかくの緊急避妊薬も全く意味がないので
吐いてしまったときのために、予備のアフターピルを予め購入しておくようにしましょう。

関連リンク

⇒自分に合ったピルを見つけるためには

⇒低用量ピルの種類による違いって?